1.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:08:51.48
彼の戦争論に詳しいと自負する方、無知な私に教えて下さいまし!

2.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:17:24.33
お願いします……
いつも知ったか振りの知識をひけらかしてくる兄貴や友人に物申したいんだ!
できるだけ解りやすく詳しく教えて下さい…

3.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:19:56.05
読めばよくない?

スポンサードリンク

4.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:22:35.16
>>3
難解な兵法書だと聞いたので……
要点をまとめて解りやすく教えてほしいです…
あと知る人ぞ知るみたいな知識も添えてくれたら尚嬉しい

5.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:24:23.81
>>4
wikipedia読めば

6.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:28:15.45
>>1
何歳?

7.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:28:36.52
>>5
そう言わずに……
貴方を知識人だと見込んでお願いします……

8.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:30:40.44
>>6
20歳です

9.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:33:04.98
アホかw
解説書かえ

10.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:33:23.91
>>8
関東住み?

11.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:37:38.91
>>9
アホで浅学な高卒フリーター女だから要点を教えて!お願い!

12.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:38:44.50
>>10
関東在住だったら教えてくれるの?

13.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:40:07.17
>>12
もちろん!
あと今まで付き合ってきた人数と経験人数教えて

14.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:42:47.35
>>13
前者は2人、後者は0人
さぁ、教えなさいな

15.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:44:15.06
>>14
サンキュッ!
ここだと長くなるからメールしよ
sonyo468@ahk.jp

語ろうぜ!

16.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:49:14.31
だめ?

17.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:54:01.09
>>1
おっぱい何カップ?

18.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 18:59:30.04
>>15
ここで語りなよ

19.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:00:16.58
>>18
頼むわ!
外野に邪魔されずじっくり語ろうぜ!

20.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:01:06.32
>>17
戦争論を解りやすく解説してくれたら何カップか教える

21.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:03:28.89
>>19
そもそも博識な方にクラウゼヴィッツの戦争論を詳しく解説して貰う為にこのスレを立てたんだから、ここで語ってほしいんだけど…

22.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:05:51.67
>>20
だめだめだめ
先に教えなさい

教えてくれたらわかりやすく教えてあげる

23.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:07:10.91
>>21
まぁまぁそう堅いこと言わずにさ
とりあえずメールしよ
いちと普通に仲良くなりたいし

24.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:11:28.66
戦争に勝つにはどうするかと論じた本だな
戦力を相手に優越させるとか
戦力が相手に劣る場合は決定的な場面において戦力を優越させるとかな
決戦主義で敵の戦力を撃滅することが狙い
ドイツはこれにより参謀制を充実させる

25.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:12:38.07
野球部のマネージャーにクラウゼヴィッツの戦争論を読ませたらとか言う本でも書くつもりかよ。

とりあえずいきなり戦争論は敷居が高いから「孫子」からはじめなさいよ。
短いし読みやすいしなんだかんだで現代にも通じる最強の戦術書だよ。

戦争論なんて近代戦ではあまり通用しなくなってるから時代遅れだよ。

26.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:17:50.59
>>22
とか言って教えてくれないんじゃない?
私は別にバストサイズとか教えても構わないけどさ

27.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:19:15.71
>>26
博識な俺を信じなさい

28.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:23:29.93
>>24
>決定的な場面において戦力を優越させる

なるほど……合理的だ

29.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:27:52.71
そもそもなんで戦争論?
違う得意分野で物申せばいいのでは?

30.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:27:59.54
精子脳のオス怖えわ

31.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:28:51.90
>>30
うるせー
信ちゃんは俺のもの

32.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:31:21.05
>>28
他にも色々あるが本としてはほんとつまらない

33.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:37:34.31
>>25
野球部のマネージャー云々って何のネタだ……
兄貴がクラウゼヴィッツが云々かんぬん言ってたから、負けじと知りたくなったんだ
ちなみに孫子は少しかじってる

34.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:39:49.26
>>29
ちょっと興味をひかれまして…

35.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:41:29.75
>>33
元ネタこれなw
http://i.imgur.com/FQv4tP8.jpg

36.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:43:06.05
>>27
まずは博識なのをここで示して欲しいな…

37.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:43:06.69
>>34
いきなりハードル高杉内?
もっと違う方向で見返せば?
こんな事言うのも悪いけどいちちゃん頭良くなさそうやし

例えば美味しい料理を作って食べさせるとか?

38.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:46:37.37
>>35
ちなみに高校野球のマネージャーがクラウゼヴィッツを読んだらどうなるの?

39.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:47:16.85
>>38
たぶん、何も起きないと思います。

40.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:49:37.33
>>38
女子高生には内容が難しいから理解できないで終わるね
ドラッカーの「マネジメント」は女子高生にもわかりやすく
著者が親切に書いてくれるだけだから
いっちはここで色々聞くよりは図書館に行ってみてはどうだい?
自分の得意分野が見つかるかもしれないぞ

41.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:55:02.44
>>36
減るもんじゃないしはよ教えろや
ってか信ちゃんあのスレ来ないの?

42.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:55:03.37
>>39
ま、まぁ…そうですよね

43.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 19:56:40.19
帰宅
ID変わったかな

44.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 20:04:46.14
>>40
秀逸なレスを期待してたけど…
まぁ、普通は仰る通り理解できずに終わるんだろうね
今度の休日に図書館に足を運んでみるわ

45.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 20:08:22.88
>>41
まさかとは思うけど、人に教えられるほどの知識がないから教えないのではないよね?
それとあのスレって?(すっとぼけ)

46.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 20:11:16.11
>>45
戦争論人に教えられるほど詳しいってまずいないよ
軍人とかだけ

おれも
>>24
は半端知識で言った

47.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 20:13:41.90
>>44
馬の耳に念仏だろうし
そうそう図書館お勧めだよ

>>37についてはどう思った?

48.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/23(水) 20:17:38.89
>>45
こ↑こ↓

珍しい名字のJKだけど質問ある?
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1478776461/

49.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 01:02:39.16
>>46
半端知識でもいいから、解説できるだけ解説してみてほしいな
そもそもそれを出版したり、公の場で発表する訳でもないんだから遠慮せずに語って頂きたい

50.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 01:05:01.49
>>47
私料理とかしないんだよ

51.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 01:25:53.08
>>50
なるほどね
それなら得意分野で勝負した方がいっか

スポーツはするの?

52.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 02:30:56.63
戦争論って結構な長さだから解説打ってたら凄まじい長さになるような…具体的に戦争論のどの部分が知りたいのかがわからないとこまる

53.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 02:59:03.23
まあせっかくだし少しだけ書いてみようか

戦争論ってそもそもどんなものなのか。
これを一文であらわすなら「戦争とはどういうもので、どのようにして勝つのか」を論じたもの。
そのために戦争ってどういうものなの?っていうことから定義する所からはじめたわけね。
ここでまずクラウゼヴィッツは、「戦争って言うのは究極的には暴力で相手にこちらの意思を押し付ける行為である」と定義したわけ。
で、戦争っていうのは個人間で起きるものではなくて国と国の間で起きるものだよね?
そうすると、戦争っていうのは「相手の国に暴力で自分の国の意思を押し付ける行為」っていうことになるのね。

本来は平和状態にある実際の国と国の間では話し合いによる外交が行われて、利害調整やらが行われて双方の意思を調整するわけなんだけど・・・
これがこじれにこじれたときに、戦争っていう暴力によって自分の国の意思を押し付けようとする、つまり「戦争っていうのは政治(外交)とは異なる手段でもって行う政治(外交)である」という風にクラウゼヴィッツは述べたわけ。
これが凄く重要なことで、戦争って結局は暴力部分単体で語るものではなく、政治面からみて目的や勝ち方、場合によっては負け方を考えて行わなければだめだよって言うことなのね。

54.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:08:06.12
さて、戦争ってどう言うものなのかを定義したら次はどのようにして実際に戦争に勝てばいいんだろうか。
そもそも勝利ってどういうことだろうか。

>>53でも述べたように戦争は相手国に自国の意思を強制する行為なわけだから、強制される相手国には政治能力が残ってないと困るよね?
戦争の限界、とでも言えばいいのかな、戦争はどこまでやっていいのか、ということなのだけども・・・
相手の軍事力を撃滅する所まではしていい、けどそれ以上(具体的には相手の政府能力を奪うとこまで)はやってはいけない。
そうでなければ戦争は政治の延長である以上、終わりどころがなくなってしまうから。
自国の意思を強制する相手がいなくなれば、相手はゲリラ等による徹底抗戦なんかに移ってしまう危険性もあるし、国としての利益を見出せなくなる。

この辺までが凝縮しててきとーにまとめたクラウゼヴィッツの戦争論の基礎?かな~

55.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:15:39.36
1じゃないけど興味ある
説明わかりやすくて面白いよ

56.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:16:27.04
>>53
解説ありがとう!
でもその辺りは知ってたから、もうちょっと詳しく解説してくれると嬉しいな
具体的にどの部分を解説してほしいかと言われても>>53をたまたま知ってたくらいで、あとは殆ど知らないから戦争論が全何篇からなるもので、それぞれのテーマは何か教えて下さいな!

57.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:16:34.13
>>53>>54がクラウゼヴィッツの戦争論における戦争って何?の部分。

尚、解釈が間違えてても責任は持ちません、あしからず。
ついでに言うとかなり端折ってます、これもあしからず。

58.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:19:22.36
>>55
ありがとう。

>>56
何編とかそういうところは覚えてない!
今手元に本がないので・・・覚えてた内容をつらつらとかいてた。

59.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:21:13.00
覚えてる限りだと・・・
戦争って何?戦争を論じる際の注意点は?戦略ってなに?戦闘って何?戦闘力って何?攻撃と防御って?
っていうような形でそれぞれまとめていってたような・・・

60.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:25:48.62
ナポレオンの時代なんだな
まだイタリアも分裂してた時代か
その辺りの話が好きだから読んでみようかな

61.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:27:36.10
>>59
クラウゼヴィッツの戦争論は戦争を哲学的に捉えていると聞いていたけど、確かにそれらしいテーマだね

62.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:39:35.81
さあさあ続きもちょこちょこと書いていくよ~

戦争を行うにあたって戦争って何?っていうのは先に述べたんだけども・・・
戦争を実際に行う際には戦略を立て、それに沿って戦術を立て、実際に戦闘を行うわけなんだけど・・・
戦略っていうのは実際には立ててもそのとおりには進まないことが多々あって、都度修正を求められるわけなんだけども・・・
なぜこの修正が求められるのかって言えば戦争には現実と理想の間には摩擦があり、戦場には霧が掛かったかのように情報の錯誤などが起こるから。
実際に戦略において求められる要素は戦争を統括する将軍の才覚、国民の精神状態、兵力やその質、兵力の疎密、地理的要因、兵站や休養。
こういった要素から戦略を決定するんだけど、兵力や地理は見えるし、兵站なんかも数字上は見えるけど、精神状態や才覚なんてみえねーです。

だからこれらを都度修正していく作業が求められる。
つまり計画立てたからってそのまま常にうまく行かないからその都度状況を精査して、戦争の終結後まで見据えて計画を修正しないと大変なことになるよっていうことね。

63.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:43:24.97
なんかだいぶまとまりの無い文章になったなー・・・
推敲しないとだめだわ・・・

64.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 03:48:27.36
まあ、ともかく戦略は都度修正されるべきもので、その立案修正に掛かる要素は前述したんだけどもー・・・

「戦争は政治とは異なる手段でもって行われる政治」であり、相手国の政府能力を維持した状態のまま自国の意思を押し付ける。
この性質から戦争は目的達成の瞬間から戦勝国は戦敗国に再起の時間を与えないために行動の準備を整えねばならない。
だって相手の政府生きてるんだから再軍備して自国を防衛しようとするよね?
つまり戦争って終わってもすぐ次の戦争に(実際に行うかどうかは別として)備えないといけないもので、ずっと連続して考えないといけないものなんだよ。
こう述べてるわけだね~

65.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 04:01:20.69
さてさて、戦争と戦略と・・・戦略目的と戦争の連続性・・・についてここまで述べたんだけども・・・

ここまでで戦争の終了は政治的理由によって行われるっていうのは理解できる・・・と思う・・・んだけど・・・
ちょとてきとーに書いてるから伝わってる自信がない。

戦争に連続性があるっていうのは次の説明である攻撃と防御って何?っていう部分にもかかってて・・・
一般的に防御は攻撃よりも強力である、って言われてるのね。
ここで言う攻撃っていうのは、積極的に敵を求めて進撃すること。
それに対して防御っていうのは敵の進撃を撃退することなのね。
なぜこの防御は攻撃よりも強力なのか、っていうと・・・攻撃には限界点が存在するわけ。
これを攻勢限界とかって言ったりもするんだけど・・・敵を求めて進撃する、っていうことは相手国へ向けて兵を進めるわけなんだけど・・・
進めれば進めるだけ兵站線やその防衛に兵力を使う必要が出てきて、これによって進めば進むだけ戦力が目減りするからっていうのがひとつ。
もうひとつは戦闘において陣地作って待ち構えてるほうが当然楽だよねっていう部分。

ただし攻撃と防御っていうのは単一で語るものではなくて、攻撃で限界点まで達するまでに防御に転換して、戦果(主に分捕った領土)の保全に勤めたり・・・
あるいは攻撃によって得られるものが攻撃によって失われる戦力に値しない場合は一時的に、あるいはかなりの長期にわたって戦争が中断したり、あるいは講和がなされたり・・・
戦争の連続性についても掛かってくる部分でもあるわけね。

66.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 04:04:27.70
まあここまで書いたような内容で、総括して戦争って何?
戦争ってどうやって行って勝つの?っていう・・・
なんかそういう論文。

つかれたし半分うろおぼえなところもあるのでこれくらいで。

67.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 04:06:29.39
以下質問はあったら受け付けるけど答えれるかどうかと正しいかどうかの保証はしません、あしからず・・・

68.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 10:49:23.87
ちゃんとわかるし聞いてて楽しいよ
説明聞いてたら調べてみたいと思ったよ

69.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 11:26:56.56
正直、戦争論は近代戦では通用しないな。
近代戦においては技術力の革新とスピードが段違いに早くなってるから防御よりも攻撃のが重要だし、核兵器などが
存在するのだから理論的には敵国を絶滅させるような戦争事態が可能になった。
国連の枠組みや超大国の存在によって戦争による外交はまったく意味をなさない。
将兵の能力やら戦術の優劣などもやは超越した世界であるからもはや戦争という定義そのものがまったく今までと
変わってしまったからだ。

君主論でも戦争については技術の革新や戦術の変化で今までのやり方がまったく通用しなくなるからあまり論じるべきではないと
言うようなことが書いてあった。

70.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 12:02:28.30
>>68
ありがとうw

>>69
まあそうだねー。
正確には近代までの戦争なら通用するんだけど現代戦はほぼ通用しないというか・・・
ただそれでも戦史を勉強するにあたっては基本として抑えておいて損はない内容ではあるかなっていう感じですね。

71.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 12:16:01.85
よく解る説明でした
今聞いた限りでは核の要素がある現代戦では確かに通用しないかもしれないね
孫子とかだと通用すると思うけど

72.52@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 13:29:46.29
ID変わったと思うけど52です。

>>71
基本的に戦争=歩兵戦主体の時代のものですからね。
それでも戦争と何かとかは現代でも通用すると思いますし…いくら技術が上がっても、戦争が政治と切り離されて行われることっていうのは無いですからね。
孫子なんかも、実際の内容では地形編とか現代には使えない部分も多数あるので知識として知ったとしても応用して使えるかどうかは本人次第だと思うのです。

73.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 13:31:02.56
ID:Ln+6g7MU には悪いけど
恐らく >>1 理解してなさそうだよ
感想があいまいでよく理解していない奴が適当に相槌を打つそれそっくり

74.52@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 13:34:48.35
>>73
まあすんなり理解出来るような内容でもないですし、夜中の暇つぶしも兼ねて思い出しつつ書いただけなのでそれならそれで…w
正直書いた内容だって決して推敲されたものでもなければ、手元に本を置いての解説でもないのでクラウゼヴィッツの言いたかった事を正しく伝えれてるとも限りませんし。

75.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 15:12:29.70
>>72
大抵の兵法書は古代~近世に書かれたものだから、全部が全部現代戦にも使えるかと言うと怪しいからね
中には応用可能なものもあろうけども

クラウゼヴィッツと孫子を合わせて考えると戦争と政治は切り離されないからこそ政治的に屈伏させるのが良いと、そこは孫子の戦わずして勝つのが最上という考え方になる訳だ

孫子では敵の謀を未然に阻止せよと説かれているけど、それは核が登場した現代では核発射を未然に阻止しろとも言える
サイバー関連には詳しくないけど、確かサイバーテロだったかで核発射を妨害、阻止できるとか聞いたんだけどまさにそれが敵の謀を未然に阻止する事だと。

76.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 16:38:23.12
俺の意見としては近未来のすべての指揮を電算化させるべきだと思ってる。
コンピューターにあらゆる情報を与えて、さらに刻一刻と変化する情報に対応させる。
人間の判断は遅いし間違う、だからコンピューターにすべての指揮を執らせる。
司令官は人間ではなくコンピューターになるわけだ。
コンピューター判断で負けと判断したら、即時撤退もできる。

いずれは作戦立案もコンピューターに任せて政治家は最終判断を下すだけ。
そんな戦争の時代が来る。

人工衛星の情報の奪い合いもあるから宇宙空間でも戦争するようになるだろうな
まったく未知の世界に突入する。

こうなったら戦争論も孫子ももはや軍事書ではなく歴史書になるよ。

77.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 21:15:44.39
>>76
戦争っていうのは如何なる時も人間の、国家の都合で起こるもので、ある国家と戦争が勃発すればその後の戦略、戦術を機械に任せる事までは出来る
だけども、ある戦争の勃発の理由が機械の判断にあるのなら人間がAIに支配されてしまう危険性のある状態という事になる訳だから、まず戦争をどの国家に大していつ起こすかは人間の判断にならざるを得ないと思う
それ故に孫子などの兵法書は活用可能だと思うけど

78.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 21:25:21.12
クラウゼヴィッツの戦争論はまず敵を作りだすことから始まるんだよ
彼にとっての敵ははナポレオンとフランスであって
彼らがいなかったら戦争論を書く必要なかったからね

79.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 21:30:45.48
現代の戦争もまず敵を作りだすことに最大の努力をかたむけるよね
すると国民や世論が付いてくるってシステムが確立してるんだよ

80.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/24(木) 21:36:07.20
クラウゼヴィッツの戦争論に書かれた主張にそって
政治家とかが行動することによって戦争はこれからも続くんだろね

81.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/25(金) 02:21:02.93
上の人たちの言う通りクラウゼヴィッツに限らず古い時代の戦略は現代の戦争ではなかなか使えなくなってると思う
核もあるけどそれ以前にすでに空爆当たり前空中戦必須で無人機も投入されてるから
ただ戦争の在り方が変わったことを知るためには以前の戦争を知らなければならないのでそういう意味では非常に役に立つと思った
残念ながら1のいう論破目的の場合はクラウゼヴィッツだけでなく広範囲にわたる知識が必要になると思うが

82.名も無き被検体774号+@\(^o^)/ : 2016/11/25(金) 02:27:25.96
ちなみに55だ
まあ、自分は戦争の歴史調べたいわけてはないけど歴史と戦争は切り離せないし
ちょうどその辺りの時代より少し古いくらいの時代の国についての本読んでて楽しかったから52のおかげですごく惹かれたわ
1が立ててくれたおかげでもある、2人ともありがとう